水のトラブルに多い洗濯機~水漏れが起こる場面と対処法~

洗濯機に見られる水漏れトラブル~対策方法を知ってリスク軽減~ 洗濯機に見られる水漏れトラブル~対策方法を知ってリスク軽減~

家庭の水のトラブル【洗濯機の水漏れ】

家庭内での水のトラブルで多いのは、洗濯機の水漏れです。洗濯機の水漏れについて、対策法を知っておきましょう。

引越し時は洗濯機から水漏れしやすい

洗濯機を移動したら新品でも水漏れする可能性はあります(40代/男性)

洗濯機の水のトラブルが、メーカーの保証期間内に起こる可能性は、引越しなどに伴う移動時に出るものです。新品の洗濯機が水漏れすることもあり、移動をする時には十分に注意したほうがよいでしょう。メーカーの保証期間内であれば無料で修理してもらえますが、期間を過ぎれば有料となります。身近な水のトラブルの専門業者を控えておくのが賢明です。

引越し時に洗濯機を横にしてしまうとオイル漏れすることもあります(30代/女性)

洗濯機の水漏れが起こった場合、原因の多くは排水周りに関係しています。洗濯機の底に水漏れしている部分を探すことも可能ですが、自分たちだけで解決しようとすると、第二のトラブルを招くことにもなりかねません。たとえば、傾けた時にモーターのオイルが漏れてしまうこともあるようです。オイル漏れが洗濯機の故障を招くこともありますから、洗濯機の水漏れを修理する際は、水のトラブルの専門業者に相談することをおすすめします。

自分で修理できる水漏れと修理業者に頼む水漏れ

自分でも修理できる水漏れ

排水ホースの劣化
洗濯機の水漏れが本体底の部分から起こっている時、排水ホースの劣化が原因している可能性があります。自分で修理することも可能ですが、洗濯機を傾ける時にオイル漏れしないよう、水トラブルの専門業者に依頼する手もあります。
排水ホースの接続不備
排水ホースバンドが緩んでしまったことにより、洗濯機の水漏れが起こっている場合もあります。その際、必要となる修理は、ホースとホースバンドの交換です。こちらも本体底部にあるため、水のトラブルで専門業者への相談も検討してみましょう。
洗濯槽のひび割れ
排水周りで水漏れしているわけではない場合、水槽がひび割れしている可能性があります。この場合、洗濯機のメーカーに連絡をしてみる対策法があります。ただ、自力での修理が困難な場合は、水のトラブルの専門業者に相談するのがよいでしょう。

修理業者に頼む水漏れ

ドラム式洗濯機
ドラム式の洗濯機の場合、水漏れの原因を特定すること自体が素人には難しいものです。本体底を解体する必要が出てくる場合もあり、水漏れを発見した早い段階で、水のトラブルの専門業者に相談したほうが、復旧もスムーズです。
洗濯機の底から水漏れが確認できない時
場合によっては、洗濯機の底に水漏れが発見できないこともあります。ドラム式洗濯機の水漏れは、本体底部以外が原因の可能性もあるためです。修理だけでなく、原因の特定ができるのも、プロの水のトラブル専門業者ならではです。

保証期間外ならメーカーより修理業者がオススメ

洗濯機の修理

洗濯機の水漏れは、保証期間内ならメーカーが無料で修理してくれます。しかし、保証期間を過ぎて修理費用が有料となると、メーカーへの依頼は高くつきます。水のトラブルの専門業者に依頼するほうが、スピーディーで料金も比較し甲斐があります。

TOPボタン