水のトラブルが起こりやすい洗濯機の特徴と買い替えのタイミング

洗濯機に見られる水漏れトラブル~対策方法を知ってリスク軽減~ 洗濯機に見られる水漏れトラブル~対策方法を知ってリスク軽減~

洗濯機の寿命により水のトラブルが起こる

洗濯機にも寿命がやって来ます。買い換えのタイミングは、水のトラブルの種類にもよります。原因別に、洗濯機の買い換えが必要かどうかをチェックしておきましょう。

トラブルの原因箇所で判断する

洗濯機の排水ホース
洗濯機の排水関係のトラブルは、修理が可能です。特に排水ホースの水のトラブルは多く、ホースの掃除や交換を行えば直る確率も高いのです。排水ホースには水垢や糸くずなどが詰まりやすいため、定期的に掃除をすると洗濯機が長持ちします。掃除できないほどの汚れをためてしまう前に、こまめに点検をしてトラブルを未然に防ぎましょう。
給水口パッキン
給水口パッキンは、元々かなり長持ちする部分です。しかし、長く使用して劣化してくると、洗濯機の水漏れに繋がる恐れがあります。その際は、給水口パッキンを交換することで、再び使用できるようになります。パッキンの寿命は、大体10年未満です。排水パイプも同時に点検して、交換しておくと、水のトラブルで慌てることが少なくなります。
モーター
洗濯機のモーターは元々は長持ちするものですが、ときに異常音がして上手く作動しない事態も起こります。原因として考えられる可能性は、洗濯物の容量オーバーです。異常音が出ても、洗濯機に無理をさせ続けていると、いずれはモーターが故障してしまいます。モーターの故障となれば、洗濯機を買い換えたほうが早いこともあります。どのような対策をとるかは、水のトラブルの専門業者と相談してみるとよいでしょう。いざという時に洗濯機が使い物にならないといった困った事態にならないよう、早めに最善の対策をとることをおすすめします。

容量オーバーは洗濯機の寿命を短くする

洗濯機を長持ちさせたい場合、洗濯物を容量オーバーで洗うのは避けたほうがよいでしょう。上手く使えば20年ほども持つのですから、水のトラブルの専門業者にもよく相談して、修理なども検討しつつ、洗濯機の寿命を延ばしてあげてください。

TOPボタン